ABOUT NZ

​ニュージーランドってどんな国?

ニュージーランドは北島、南島の2つの主要な島と周辺の小さな島々で構成される島国で、

面積は英国、日本とほぼ同じです。
ニュージーランドを代表する美しい地形には、広大な山脈、蒸気の上がる火山、

どこまでも続く海岸線、内陸深くまで入り込むフィヨルドや緑深い原生林が挙げられます。
日本と大きさや形が似ているニュージーランドですが、人口はたった400万人と

世界で最も人口密度の低い国のひとつです。

大自然の中で静かにリラックスするには最高の環境にある国でもあり、

また、スリルを求める人々や冒険家にもたまらない魅力を持った国です。

・世界で最も若い国ニュージーランド

・先住民族マオリ

・豊かで多様なマオリ文化

・ラグビー/オールブラックが最強な理由

・ニュージーランドの食事は美味しい!

・世界中が注目するニュージーランドワイン

・14の国立公園/自然保護の先進国

​・鳥の楽園/なんでキゥイは飛べないの?

​旅行に役立つ基本情報

・気候

・時差

・服装

・お金

・物価/チップ/サービス税

・交通/治安

・飲料水

・電化製品

・保険

ニュージーランドの特徴・文化
 
ニュージーランドへの入国に必要な NZeTAについて

2019年10月1日以降、ニュージーランドへの観光ビザ事前取得免除国の国民の入国にはNZeTA(電子渡航証, New Zealand Electronic Travel Authority) が必要となり、日本のパスポート保持者もこれに該当します。これまで3ヶ月以下の観光での渡航の場合事前のビザの手続きは必要ございませんでしたが、10月1日以降に入国する場合、事前のNZeTA申請とIVLのお支払いが必要になります。

 

概要はニュージーランド移民局の公式文書(日本語)にてご確認ください。

 

NZeTA(電子渡航証)申請とIVL(観光税)の料金

• NZeTA申請費用

 モバイルアプリを使用した場合:NZD9
 オンライン申請の場合:NZD12
• IVL(観光税):NZD35

NZeTA申請サイトは、こちら。 ※2019年8月現在英語のみですが、入力内容は簡単です。

 

NZeTAの申請から発行までは最長72時間かかります。ニュージーランドへの渡航が決まったら早めに申請をしましょう。

リアルニュージーランドのアレンジによるご旅行をお申込み済みのお客様には、ご旅行前にお送りする旅程表等の書類と合わせて、申請方法についての説明書(日本語)を別途お送り致します。申請自体はご自身でお願いしております。

 

おすすめガイドブックのご紹介

Lovely Green New Zealand 未来の国を旅するガイドブック

Lovely green new zealand.jpg

「最新のNZを実際に自分たちで体験し、本気でいいと思うものだけを紹介する」という方針のもと、クラウドファンディングで資金調達をし、NZを心から愛する著名人達手により作られた、最強のガイドブック。まだまだ知られていない、「星空、羊、牧場」だけじゃないNZの知られざる美しさ、本当の魅力が凝縮されています。

Amazonや各書店で購入可能です。

ニュージーランドでの旅は、ただ一言で「楽しい」ではなく、「新しい気付き」や「心に深く残る何か」が得られるものだと思っています。

それは、人工的に作られた観光アトラクションや建造物の見学などの観光地巡りとは違う、ゆっくりとしたニュージータイムやアウトドア体験で自然のパワーを感じ、またNZの人々の温かさや暮らしの豊かさ(ライフスタイルや自然との距離感)からも影響を受けるものです。

この感覚を、ニュージーランドに来ずに理解することは難しいです。

ですが何かをきっかけニュージーランドに興味を持って頂けた方が、このガイドブックLovely Green New Zealandを手にとって頂けたら、実際旅行に行ったらこんなところに行きたい!とイメージが膨らむこと間違いありません。

Abeltasman with Yosumi couple and Taku T

​Photo: Takuya TOMIMATSU

リアルニュージーランドでは、ガイドブック制作取材にあたり、ネルソンエリアのご案内及び一番オススメのツアー「エイベルタスマン国立公園カヤック&ウォーク(ロッジ泊)」を特別に1泊2日で体験してもらいました。

ガイドブック制作者のひとり、ニュージーランド写真家の富松卓哉さんが「ぼくが住みたいエリアで一番オススメの場所はココ」という記事でネルソンとこのエイベルタスマンでのツアーの詳細を掲載してくれています。

記事はこちら